« 104位 | トップページ | 写真 »

2009年6月 1日 (月)

反省文

期日/2009年5月31日(日)
場所/京都府南丹市美山町 美山町内周回コース
(1周 10.1km,高低差 110m)

RESULT - カテゴリーC2 [一般上級者の部]
http://www.kyoto-cf.com/result/roadrace/20090531miyama.pdf

距離/40.4km (10.1km x 4周)
スタート/ 9:55
天候/ 曇り
出走者数/ 133 名
完走者数/ 111 名

C2には関門が3カ所あり、各計測所で8位の選手から2分遅れた時点で足切。リタイヤとなる。


リザルトも出たので、つれづれなるままに書いてみます。

レース前日、風事務所にて皆さんに御馳走してもらう。この時は皆に目標は完走!って言うてたけど、心では結構行けるんちゃう?って思ってた。
皆さん、御馳走様。ありがとうございました。
0:30就寝。


当日は雨も上がり、アップがてら上野家まで力をいれて回す。

上野さんのBMWでまったりと会場へ。

小雨がふりだし気温が一気に下がる。

スタート二時間前に会場到着。

美山ロードではスタート位置がかなり重要ということなので、アップもそこそこに選手の控え場所近くでうろうろしてると、いつもブログを拝見しているOG-Kさんを発見。
挨拶をすると、場所取りを一緒にしに行く事に。おかげでポールポジションをゲット。その後も落車ポイント等の情報を丁寧に教えてもらう。う〜ん、こんな大人になりたいと思う。
Dsc_4994

発走時間になり、スタート地点へ移動。

先頭は引くことになるのでやや下がる。(前から二列目位)この時点でOG-Kさんみたいな良い大人にはなれないと思う。

ワクワクワクワク。テンションが最高峰になり片足のペダルをはめた瞬間、奥歯が震えだす。今年一番の緊張感が止めどなく溢れだす。落ち着かす為にグローブ噛んだり、深呼吸したり…。


そのまま号砲。

Dsc_5035

左足のクリートがハマらずに4列目まで下がってしまう。

集団の左右から追い抜く選手がいるために少しずつ後退していく。

緊張はまだ解けず、そのまま九鬼ヶ坂へ。

高低差110mのこの坂は距離も勾配もそんなにないのだが、完全に周りとペースが違って集団の後ろのほうまで下がってしまう。(この時、完全にカテゴリー間違えた!って気付く。)

Dsc_5068

下りは鉄のフレームってのと、レース用にチューンしたホイールのおかげか何人か抜く。(ちなみに無理はしないよ〜に、他の選手に嫌われないよ〜に丁寧にパァ〜ス。)

長く伸びた先頭集団の後ろのほうに位置し、二周目へ。

この時、「三浦ぐ〜ん!」って言う声援を受ける。
(不思議と応援の声は全て耳に入りました。ありがとう。)

二周目の九鬼ヶ坂で、第一集団がばらけだす。と、同時に僕の呼吸もばらけだす。(いや、もともとバラバラでしたが…。)

坂を下りきったところで、先頭集団はけっこう前に。追いつく為に10人位で列を作るが追いつけず…。

このあたりからサイコンが反応しなくなり、もともと一定のペースを保つのは下手なので気疲れする。


そのまま三周目へ。

その集団のまま、吸収を繰り返し先頭集団を追うが電光掲示板(各関門に設置。先頭からのタイム差を掲示している。)のタイムが見るごとに10秒ほど増えて行く。

集団での僕は九鬼ヶ坂で遅れては下りで追いつくの繰り返し。いくらなんでも登り遅すぎる!絶対、登りに特化した朝練毎日したんねん!って、心で叫ぶ。(あ、ちなみに今朝はしましたよ。将軍塚でスプリントのつもり×5。)

疲れて来たのか、妄想にふけりだす。

1、今度から黄色いワーゲン見たら、黄金の足を授けてもらえるようお願いしよう。
2、仕事、めっちゃ頑張ってカーボンフレーム買お〜。
3、どこのフレームにしよかな〜。

妄想が終わった時になぜか次を3周目と勘違いしだす。

Dsc_5093

そのまま3周目へ(勘違い中。ほんとは最終回。)

関門での掲示板が4分後半になり、5人位で集団から前にでる。(もう、この時点で完全に完走が目標へ。)

三回目の九鬼ヶ坂(勘違い中)で、それまで列車組んでた人達が、
「燃え尽きた〜」とか、
「くやしぃ〜な〜」とか諦めの言葉を叫びだす。

あぁ、俺ら足切間近なんやな…と、解釈する。(ちなみに足切になるとリザルトにまったく記録が残らない。)

そのまま、僕ら鈍行列車はゴール前の最終コーナへ。

50m前でスタッフの人が赤旗を振ってる。

ここで終了か…。足を止め、だらだら〜とゴール。すぐに脇の測道へ誘導される。
Dscf4360

隣にいた大学生が「僕らって完走しました?」って聞いて来たので、「いや〜、してへんと思うよ。」って言うと、「どうしよ…、先生に怒られる…。」って、泣きそうな顔をしてました。

なんとなく残念な気持ちと、応援してくれてた皆にどう言うかな…?とか考えてたら、上野さんが。

彼は完走したと言うが、何度思い返しても坂を4回登った記憶がない。

とりあえず、着替えを済まし、年下の先輩ワタルの応援へ。彼はセミプロのロードレーサーでC1に出走。昨年は8位。その前は3位だったそう。

ワタル応援中。
Dsc_5148

その途中、C2のリザルトが張り出された為、試験の出来が悪かった受験生の気持ちで覗き込む。
Dsc_5155

あった。

足切、2人前でした。ホッとした反面、全力を出した気持ちがあった為かこの位置が自分の場所かぁ。と妙に納得。

ワタルはというと…、15位。速いなぁ。今朝、話したら年々順位が下がっていることに悔しがってました。どんだけー。

もうちょっと頑張ったら…、て、気持ちは全くありません。
今後はレースの経験を増やして体力を付け、色々な駆け引きを楽しめる力を作って行きたいと思います。来年は先頭集団に食らいつきゴールしたいです。けど、楽しかったー!

あと、ヒルクライムレースは僕には10年早いと思いました。力が付くまで当分はフラットなレースを選ぶつもりです。

自転車のパワーアップや応援、車を出してくれたりと本当に皆さん、ありがとうございました。iフォンに替えたばかりで各自にお礼をメールしにくいので会った時にでもキスします。
皆様のおかげで最高に楽しめました。
ほんとにありがとうございました。

photo by oguuu&U-3.

« 104位 | トップページ | 写真 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 104位 | トップページ | 写真 »

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31